HOME > オールドヴィンテージとは

オールドヴィンテージとは

オールドヴィンテージとは
オールドヴィンテージとは

「10年以上の長い年月を経て熟成したワイン」のことを一般的に【オールドヴィンテージ(古酒)】と呼びます。しかし、ワインはすべて熟成したものが良いというわけではなく、収穫年の葡萄の品質や保存状態によっても味が大きく左右されます。中には、長年熟成されたワインでも、保存状態が悪かった為に残念な思いをすることもしばしばあります。

ワインは生産される年によって味が違うため、飲み頃になるまで寝かせるイメージがありますが、たいていは1年、長くても数年以内に消費される早飲みのもの。手頃な値段で出来上がってからすぐ楽しむタイプが多く、長期熟成に耐えるワインはごくわずかです。

時折、あまりに安いオールドヴィンテージを見かける事がありますが、保管する手間を考えるとその原価は推して知るべし。中には長期熟成に向かないワインを出しているのではないか、と思われるようなものもあります。そのようなワインは残念ながら30年寝かせたからといって美味しくなるわけではありません。

ワインをなぜ寝かせるかといえば、もちろん飲み頃を待つため。厳選された葡萄で作られた良いワインは、美味しい期間が30~40年と長く続きます。それだけ手をかけられたオールドヴィンテージでも、開けてみなければ分からないというリスクがあります。大切な方への贈り物で失敗する訳にはいきません。

還暦、誕生日の贈り物に当店のリヴザルトをどうぞ。

贈り物にはリヴザルト

その点、天然の甘口ワイン、リヴザルトは飲み頃が20~80年と長く、熟成されたブドウの豊かな甘さにドライフルーツを凝縮したような味わいが、飲む人を選びません。「ヴァン・ドゥ・ナチュレル」といわれる、ワインの発酵途中でブランデーを加えて発酵を止め、葡萄の糖分を保ったまま熟成させるという製法を取り、作り年によって味のムラがほとんどない、まさに贈り物に最適な逸品。また、抜栓してから一週間くらい味が変わらないのもアルコール度数の高いリヴザルトならでは。ゆっくり楽しむことが出来るワインです。還暦、誕生日の贈り物には、当店のリヴザルトをおすすめします。

確かな品質をお約束

「こあらや」では、お客様に安心してオールドヴィンテージを楽しんでいただくために、現地セラーへ実際に足を運び、ワインの状態を確認した上で買い付けています。また、生産者から樽を購入した後、瓶詰め、輸入、販売まで一貫して行い、保存方法にも細心の注意を払っているため、確かな品質をお約束します。

ご購入はこちら

pagetop

Copyright (C) 2013 こあらや All Rights Reserved.